温泉旅行でまた〜りぶら〜り
TOP
温泉の定義
温泉の要素
温泉法・温泉の定義
温泉の種類
単純温泉
硫黄泉
塩化物泉
含鉄泉
含銅・鉄泉
含アルミニウム泉
酸性泉
炭酸水素塩泉
二酸化炭素泉
放射能泉
硫酸塩泉
 
 

今現在、日本には3000ヶ所を超える温泉地があるそうです。
日本人はお風呂好きとよく言われますが、みなさんは如何でしょうか?
いってみたいですよね?ね?

温泉旅行が大好きな管理人ですが、
最近はなかなか温泉旅行には行けてません…。
心と体のリフレッシュ!楽しい温泉旅行へ!!
大自然に触れ、おいしい空気をいっぱい吸い込んで、美味しいものを食べ、ゆっくり温泉に浸かる。
温泉旅行の醍醐味です!

そんな温泉旅行の計画をたてるだけでも
気分がワクワクしてストレス解消してしまうなんて人も多いのではないでしょうか。
また温泉は海外にもあります。海外旅行のついでに海外の温泉を楽しむ方も多いぐらいです。
行く前の準備として旅行には欠かせないキャリーバッグも購入しておきたいですね。
管理人的には温泉旅行の良し悪しは治療目的以外では
「ホテル(宿)選び」が全てが決まると思っています。
例え有名な伊香保温泉付き旅館に泊まっても、
「腰痛治療」等の具体的な目的がない限り「美肌に磨きをかける!」とか「やせたい!」という目的がなければ、
最終的には総合的な印象で旅の良し悪しが決まると感じるからです。

温泉というのは、地上に湧き出してお湯が空気に触れると酸化しはじめていき、
時間が経ては経つほど、本来の効きめが無くなっていくんですね。
だからこそ、源泉から湧き出て時間の経っていないお湯に入ることが肝心ということです。

そこで上手なホテル選びのコツは、何よりも源泉がホテルの敷地内や
近くから湧き出ているホテルを選ぶのがポイントです。
自家源泉のホテルは、温泉の泉質や効能を十分に知りつくしていて、
長年の経験からより効果的な入浴法も知っている事だと思うので、
宿からの適切なアドバイスも期待できます。ヽ(´▽`)ノ

次に大切なことは、言うまでもなく「おもてなし」です。
外観が立派でも応対が悪いのでは、
気分を害することもあるかも知れません。
「家族的で親しみやすく親身になって世話をしてくれる」
のを好まない人もいますので、何事も程々が良いようです。

更に、食事!食事も重要ですよ、みなさま!
温泉のガイドブック等では、
おいしそうな食事が並びますが、味の保証はありません。
個人の味覚はそれぞれ違いますから
食べてみないと判断できませんが、
何度も同じ宿の常連さんになることは稀ですので、
当たり外れもあることは覚悟しておかなければなりません。

素朴で地味な料理でも、良い味を期待したいところですね♪
絶望した!なんてことにならない為にも
期待度はそこそこで挑みましょう!(笑)


温泉旅行先についての歴史や特徴などの知識を深めておくと、よりいっそう楽しめると思いますので
このホームページが少しでも皆様の温泉旅行の計画のお役に立てれば、これ幸いです♪ 

TOPへ

注目サイト

大阪でケータリングを頼むなら
http://www.it-hanae.com/
大阪で婚活パーティー
http://splash-party.jp/

最終更新日:2016/6/17

(c)温泉旅行でまた〜りぶら〜り Allrighta.Reserved.